SmartGlass

 Xboxoneはボイスチャットが主流になりそうですね。テキストチャットはゲーム側でサポートしてないと使うことがないって事もありますが、自分が遊んでるゲームがたまたまテキストチャットをサポートしてただけで実はずっと少数派だったのかもしれません。

 ボイスチャットは360時代より快適に感じます。純正ヘッドセットで声届かない聞こえないノイズがー…なんて事はほぼありません。純正ステレオヘッドセットや別売りのアダプターを使うことで市販のヘッドセットも使えますし、選択肢が増えてる事は良いことかなと思います。


 さて、Xboxone SmartGlassです。手持ちのタブレット端末をXboxoneのサブディスプレイとして使うアプリです。簡単な操作ならスマグラでも可能になってるのでホーム画面とかではタブレットをリモコン代わりにすることも出来ます。

 XboxoneがUSBキーボードの日本語入力をサポートしていないという仕様で360時代と比べていくらか不便になってます。メールのやり取りをしようと思ってもキーボード使って日本語で文字入力出来ないからソフトウェアキーボード使ってパッドで入力するしかないんです。

 そこでスマグラの出番。タブレットにキーボードを繋げられる環境であればスマグラ介してXboxoneでもキーボードから日本語入力をすることが可能です。ただひとつだけ問題があって、スマグラで入力中にソフトウェアキーボードが起動しちゃうんです。
 キーボード使う場合は画面見ながらブラインドタッチが当たり前だと思います。文字の変換や予測変換する時に候補が表示されますが、スマグラで入力中はこれらはテレビ側には表示されずタブレット側を見なきゃダメなんですね。

 DOA5LRで日本語でテキチャしようと思ったら画面はキーボード起動してログは隠れるし、スマグラで入力中はそもそも画面を見られないとかいろいろ不便な状況に陥ります。自分の場合はアケステを膝置きで使ってるので、アケステ傍らに置いてキーボード持ってきて…、なんか面倒な状況です。


スマートじゃない!キーボード使っても全然快適になってない!(笑)


 アーケードスティック、キーボード、タブレット。手元に周辺機器を置くにしても多いですね。特にアケステとキーボードはそれなりの大きさがありますし、キーボード入力する為にはまずタブレットでスマグラの起動を確認しなきゃなりません。なんか余計な動作を強いられる感じです。
 パッド(アケステ)+ヘッドセットが主流になりそうというのは、意思の疎通が直ぐに出来るだけじゃないくて煩わしいと感じる部分が少ないことも大きいからと感じます。

 しかし、それでもテキストチャットを捨てるのは勿体無い。文字でコミュニケーションを取る事は昔からありますし、テキストだからやってる様なバカ話ってのもありますからね。キャラ作ったりするのはまさにそれです。

 スマグラからキーボードで日本語入力可能なのは確かにそうなんですが、それ自体は今までの環境に近づけようと犠牲にしてる部分もあると思います。煩わしいと感じる部分をどうやったら減らせるか…、使う機器を減らすしかないですね。
 これからはコントローラー+タブレット(スマグラ)。これでかなり変わると思います。タブレット自体は片手で持ってこられるサイズだし、スマホであればそれこそ片手で済みます。スリープ解除からスマグラ起動確認までは普段からある動作なので殆ど気になることはありません。

 結論はキーボードの日本語入力対応してくれりゃベストなんですが、現状は普及しまくってるタブレット端末を導入するのがベター。one版DOA5LRに関してはスマグラ導入した所で今までの様なテキストチャットは出来ないですが、スマグラ導入自体は価値ありと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よしゆん

Author:よしゆん
:Twitter
:Twitch.tv
:Youtube

最新記事
最新コメント
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク
月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ